赤ちゃん・こども 年齢別 実際に必要な防災セットの作り方 

防災セット
どもこの記事で分かる事

年齢別、子供の防災セットの作り方
(0歳~小学生まで)

 

近年、地震や台風、豪雨などの災害が増えてきています。

 

保育園や小学校でも、防災訓練や防災グッズの指導などがあった!

という方も多いではないでしょうか?

 

実は避難所って、大人用の非常食などの備蓄はあっても、

赤ちゃんのための物資は備えてない所も多いのが実情です

えっ、知らなかった!!

赤ちゃんを含む要配慮者のために、物資を備蓄している自治体は、

全体の55%にとどまっているというデータもあります。
(出典:平成27年3月内閣府報告 避難所の運営等による実態調査)

 

特に小さなお子さんがいる家庭では、被災時に必要なものも変わってきます。

 

今回は、防災の基本とも言える「防災セット」の準備についてです。

 


おむつや保存水、非常食など、子どもがいる家庭での、

無駄のない防災セットのはどうつくったらいいのかを、

防災士の観点から解説していきます。

小さなお子さんがいるお家の「防災」で意識することは!?

 

災害時の備えについて考えるときに大切なのは、

“災害が起きたとき、どう過ごすことになるか”を想定すること。

この記事を書いている、今まさに洪水や土砂災害の被害が拡大しています。

熊本で13人が行方不明 大雨特別警報発表

出典:FNNプライムオンライン

 

災害時、もっとも現実的に考えられるのは“自宅で過ごす”ことです。

特に、小さなお子さんがいる場合、避難所での生活は大変なことがいっぱい……。

 

自宅が比較的安全であれば、自宅で安心して過ごせるように、万全に備えておきましょう。

 

保存水と非常食についてはこちら↓

必要な備蓄品のリスト一覧 保存水・非常食の量、保準備すべき数と管場所を解説
この記事で分かる事 備蓄が必要な、水と食料の選び方 備蓄品の必要な数量 備蓄品の保管場所 いざという時のための備蓄は、防災の観点から考えてもとても重要で...

それ以外の備蓄品はこちら↓

水や食料以外に必要な、備蓄品のリスト一覧と 必要な量、保管場所を解説
備蓄する場合であれば大容量のバッテリーが必要です。 一般的なモバイルバッテリーの容量は2000~5000mAhくらいなのですが、 iphone8以降の機種だと1回の充電で終わってしまいます。

 

普段から非常食や水を、多めにストックをしておく、

「ローリングストック」という手法も有効です。↓

お金を掛けずに実行!備蓄方法 ローリングストック法とは? 
今回は防災初心者にオススメの非常食の備蓄方法、ローリングストック法。こちらを解説しようと思います。いきなりいろいろそろえるのに抵抗がある。でも、いざというときの不安も、、、この方法であれば、基本的には費用は掛けずにできます。
また、一時的に自宅から避難せざるを得ないこともありますが、
子連れだと避難所にいづらいのも正直なところ…。
その場合、避難所で長期間を過ごすというよりも、
安全確認がとれるまでの数日と割り切って1、2日程度の待機を想定するのがおすすめ。
そんな時のために準備しておきたいのが
「持ち出し用の防災セット」です。
政府の方針では、「避難時に持ち出す、防災リュックの備えは3~7日分」となっていますが、
ママでも持ち運べて備えやすく、つくるのが面倒でない1日分+@くらいが現実的です。

※備蓄品の備えも同時に行う前提です。

なぜなら、災害の状況を見て、一時帰宅し物資の補給が出来るからです。
さらに言うと、政府の災害支援が本格化するまで、どう過ごすかが重要です。
一時避難の間、子どもが我慢しなくて済むように準備しておきましょう。

防災セットづくりのポイント

 

では、子どもがいる家庭での防災セットは、

どんなところに注意して準備すればいいのでしょうか?

 

基本的な防災セットの作り方は、別の記事にまとめてありますので、後で確認してみてください。

防災リュックは、災害時に持ち出して使うもので、

家族全員が1~2日を過ごせるように、人数分の準備が必要です。

 

リュックをまだ自分で持てないお子さんがいる場合、

大人のリュックの中に、子どもの分も一緒に入れるようにしましょう。

防災セット、3つの基本

防災セットを用意するうえでの、3つの基本がこちら。

  • 食料&衛生アイテムをいれる
  • 子供を連れて持てる重さで
  • 使える状態のものだけで
3つの基本
特に小さいお子さんや赤ちゃんを抱っこして、荷物を背負うには限界があります。
防災セットをつくる時には、
実際に背負って、軽量化していくことが大切です。
また、せっかく準備しても期限切れだったり電池切れだったりで、
使えないものが入っていては意味がありません。
中身の定期的な見直しは必須です。
特に低学年以下の子どもや赤ちゃんにとって、
「衣食住」を我慢するのはかなり難しいことです。
できるだけ我慢なく過ごせるように、食事であれば、
年齢によって食べられるものや体質に合わせた備えが必要です。
また、子どもが仮設トイレの行列に並ぶのは難しい上に衛生面でもきになるところ。
簡単に使える非常用のトイレも必要です。
乾電池や、缶詰などにも期限があります。
カレンダーアプリなどに、交換の期限などを入力しておく事を、おすすめしています。

年齢別に必要な
防災リュックの中身をチェック!

防災リュックに入れておきたいものは、子どもの年齢で変わってきます。

 

年齢別のリストを参考に防災セットを組み立ててみてください。

大人の基本の防災セットの中身↓

持ち出し用・防災セット 絶対必要なリストとは?
この記事でわかること ①防災セットの必要性 ②必要不可欠な、防災グッズリスト この記事では、防災のプロ、”防災士”と、被災者の実際の経験を元に作成しています。 ...

 

■0~1歳

授乳グッズを入れると荷物が大きめになりがち。必ず持てるか確認を。
ミルクの量や排便リズムなどによってアイテム量も調整が必要です。
大人の防災セット+追加するもの
  1. 保存水500ml×2
  2. ミルク×月齢に合わせて2日分
    (固形と液体の両方を準備)
  3. 離乳食×1日分
  4. 着替え×1日分
  5. 哺乳瓶orマグ
  6. 食器とラップ
  7. おむつ×1日分
    (サイズアウトに注意!)
  8. おしりふき×1パック
  9. ウェットシート
  10. 発熱材
  11. 防臭袋
  12. タオルorおくるみ
  13. だっこひも
  14. 母子手帳のコピー
  15. おもちゃ(軽いもの)

使用期限が長くないものや、サイズアウトしてしまうものは、「ローリングストック」を活用しましょう。

持ち歩き用・防災ポーチはいらない?最低限必要な中身とは?
日本では約半数の48%の方が、防災グッズを購入し、備えているということが ソフトブレーンという会社の調査で分かりました。 でも、せっかく防災カバンを家に設置したり、防災グッズを購入したとしても、 災害発生時に家にいるかどうかの保証はないのです。

■1~2歳

大人の防災セット+追加するもの
  1. 保存水500ml×3
  2. 離乳食~保存食
  3. マグ
  4. 食器とラップ
  5. おむつ×1日分
  6. おしりふき×1パック
  7. ウェットシート
  8. 防臭袋
  9. タオル
  10. だっこひも
  11. 母子手帳のコピー
  12. おもちゃ(軽いもの)

0~1歳までに必要な項目よりは減りますが、1つずつの必要な量が増加します。

大人とシェアできるものはなるべくかさばらないようにそろえましょう。

■2~3歳

大人の防災セット+追加するもの
  1. 保存水500ml×3
  2. 保存食
  3. 食器とラップ
  4. おむつ×1日分
  5. おしりふき×1パック
  6. ウェットシート
  7. タオル
  8. 母子手帳のコピー
  9. おもちゃ(軽いもの)

 

このくらいの年齢からは、メンタル面のケアもよりシビアに行いましょう

少しでも気が紛れるように、好きなお菓子やお気に入りのおもちゃも持ち出してあげましょう。

※おむつ外れ前を想定しています。

■4歳~小学校低学年

ここまで大きくなってくると、
用意するものは、大人とほとんど同じもので良くなります。
ただ、2~3歳同様に、メンタル面のケアに注意してください。
このほか、年齢が上がれば女の子の場合は「生理用ナプキン」などの準備も必要になります。
このくらいの年齢の子供には、かなりストレスのかかる環境になるため、好きな食べ物に近い非常食を用意してあげましょう。
オススメの非常食↓
非常食・保存食のおいしいものまとめ!アルファ米・乾パンだけじゃおいしくない!
非常食や保存食っておいしくないイメージがある方多いのではないでしょうか? 防災まっぷ 実はおいしい非常食・保存食も増えてきているのです! 被災...
また、おむつは場所をとるので、1日に必要な最低限の枚数を考えてみましょう。

市販の防災セットを購入するのもアリ!

準備するものが多くて不安な方は、市販の防災セットを購入して、

足りないものを足すことで、失敗しにくく、防災セットを備える事が出来ます。

≪防災安全協会認定 高防水ターポリンリュック採用≫ 防災セットLA・PITAシリーズ
 官公庁や大手企業への導入実績も十分な点も、安心できます。

 

また、このシリーズの子供用のものもあります。
防災セットSHELTER(シェルター) ファミリーベビータイプ

基本的に、市販の防災セットは購入から納期まで日数がかかります。

”それだけ需要が高い”ということですね。

 

その上、災害が発生した後は品切れになる可能性が高いです。

早めの準備を行いましょう。

まとめ

災害大国である日本に住む以上、災害への備えは必須です。

大切な家族を守るために、番線の備えを行いましょう!

 

防災として備えるものは大きく分けて3種類。
(別記事リンク)

防災ポーチ
常に持ち歩く防災ポーチ。
災害発生直後に使用する。

防災セット
災害発生後、避難開始から1日を過ごすためのセット。

 備蓄品 
災害発生時から、3日~7日分、自宅に備蓄するもの。
自宅避難時に使用・災害が落ち着いた後に取りに行ける物資。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました