必要な備蓄品のリスト一覧 保存水・非常食の量、保準備すべき数と管場所を解説

備蓄備蓄品
この記事で分かる事
  • 備蓄が必要な、水と食料の選び方
  • 備蓄品の必要な数量
  • 備蓄品の保管場所
いざという時のための備蓄は、防災の観点から考えてもとても重要です。
ただ、準備するものが多かったり、

結局何を揃えたらいいか分からない!!

こういった方、多いのではないでしょうか?
他のサイトを見たけど、難しくて分からなかった、、、
という方も大丈夫。
正しい知識を、防災士の方の助言を頂きながら、
分かりやすく説明していきます。

 

大きな災害が起こったとき、

”真っ先に避難所や仮設の住宅施設で寝泊まりする”

と思っている方は多いのではないでしょうか?

 

ただ、実際は少し違っていて、自宅で避難生活する方もたくさんいらっしゃるのです。

 

また今年、2020年に流行した新型コロナウイルスの流行もあり、

そうした避難所で生活をすることによる感染リスクも同時に考えなければならなくなりました。

自宅で避難するなら、なんとかなるでしょ。

本当にそうでしょうか?

 

災害が発生し、

電気・ガス・水道

が止まり、必要なものが購入しにくくなった状況でも、

生活を維持できるだけの備蓄をしておく必要があります。



本当に必要な備蓄品のリスト一覧(保管場所と数量)

ここでまず、大前提として

備蓄品は、1ヶ所にまとめておくのはオススメしません。
災害の状況によっては、備蓄品が使えなくなってしまう可能性も考えなければなりません。
分散して保存しておけば、そのリスクを減らせるからです。
また、リストを掲載しますが、掲載している”必要な量”には意味があります。
断水が続いた日数

阪神淡路大震災の場合

水道が約9割復旧するまでに37日

 

東日本大震災の場合
水道が約9割復旧するまでに24日

 

これだけの日数、水道が使えない状況が続きました。

電気はもう少し早く復旧、ガスはもっとかかる傾向にあります。

もちろん、さまざまな支援は行われましたが、大規模な災害が発生した直後は特に、
十分な支援が行き届かないのが現状です。

備蓄品は、行政の支援が本格化するまでの「災害発生から3日間」を切り抜けるための準備とも言えます。

備蓄品数量保管場所
非常食3~7日分

非常食+普段の食材

キッチン周りの収納場所
保存水3~7日分

1人1日3Lで計算

ドア裏、

普段邪魔にならない場所

トグルボックス内容

非常食

備蓄する非常食は、防災用非常食(長期保存ができる乾パンや、米、アルファ米など)のほかに、

普段の生活で購入しているレトルト食品などもローリングストック法という方法を使います。

お金を掛けずに実行!備蓄の方法 ローリングストック法とは? 
今回は防災初心者にオススメの非常食の備蓄方法、ローリングストック法。こちらを解説しようと思います。いきなりいろいろそろえるのに抵抗がある。でも、いざというときの不安も、、、この方法であれば、基本的には費用は掛けずにできます。

普段であれば、乾パンや保存食って物珍しくて、どんな味がするのだろう。。。

と、興味が出たりしますが、避難生活が何日も続いたとき、同じ心境でいれるでしょうか?

 

心がなかなか休まらない、そんな状況下での食事は、疲れた心を和ませることが出来ます。

 

出来るだけ普段食べているものに近い方が安心しますよね。

 

非常食として用意するもの

 

  • 乾パン
  • お菓子
  • 野菜ジュース
  • アルファ米(水を混ぜるだけで食べれるお米)
  • レトルト食品(カップ麺、レトルトカレーなど)

ガスや電気を使わず調理できるものを選ぶことが重要です。

 

 

レトルト食品など、ガスがないと調理できないものもあるので注意しましょう。

 

子供のいる家庭では、お菓子などを多めに用意しておくことをオススメします。

 

ぱっと見、元気な様子でも、災害が子供の心身に及ぼす影響はとても大きいものです。

 

私の家にも大量に保存してあります。

 

 

でもなぜか、すぐになくなるので、買い足しています(笑)

 

非常用の食品は、結構クセのある味だったりします。

サイトのレビューをそのまま信用してしまうと、まったく口に合わないなんてこともあるので、
今のうちに、いろいろ試しに食べてみた方がいいと思います。

ネット注文で行うと重い荷物を持たなくていいので、おすすめです。

食べてみておいしかった非常食まとめ

 

また、災害が起こったとき、生の食品を調理することが難しくなるため、野菜不足に陥りやすいです。
そのため、食物性のビタミン等が不足すると体内のバランスが崩れてしまうことになります。
ここで用意しておいてほしいのが「野菜ジュース」です!

一般的な防災セットには入っていることもありますが、多めに購入しておいて損はないでしょう。

 

非常食の保管場所
  • キッチンの棚や収納、各部屋など
  • 自宅が被災しても非常食が全てダメにならないよう、分散して備える

非常食にはアレルギー対応とそうでないものがあります。

アレルギー持ちの方がいらっしゃる場合は、確認してから購入しましょう。

こういった事例も多く報告されているので、自分で用意するしかないのが実情です。

保存水

保存水の必要な量は1人当たり1日3Lです。

1人当たり・3Lの場合

1人なら3日で9リットル、1週間で21リットル

2リットルのペットボトルが10本以上も必要になります。

4人家族ならその4倍・・・

 

とてつもなく多くの水が必要になるのです。

普段、これだけ多くの水を使っているんだなと、気付かされますよね。

 

家族全員分を保管しておくにはかなり広いスペースが必要です。

 

お家の広さにもよりますが、例えば浸水で全部がダメになってしまった。。。

とならないように、最低でも1日分ずつくらいに分けて各部屋の押し入れや、

普段の生活の邪魔にならない所に分散させて保管しておきましょう。

 

市販の水と保存水は別物です!!

え、大体一緒なんじゃないの??

この事実に驚かれる方結構多いのです。

 

市販の水は賞味期限が1~1.5年に対して、保存水はその5倍以上の5~7年も長持ち!

 

これは中身に何か薬品が入っているのではなく、容器が保存用に強化されているのです。

 

中身に大きな差はないので、長期保存できる水の方が安心できますよね。

 

これも、かなりの重量なので、ネットで注文してしまいましょう。

まとめ

この記事では、水と食料という、とても重要な備蓄品について解説しました。
ただ、備蓄が必要なものは残念ながらこれだけではありません。
◇世間が混乱したときに、品切れになりやすいトイレットペーパー
◇水がなくてもシャンプーができるアイテム
などなど、、、
実際必要なのかどうか、正確な知識を身に付けるためにも、確認しておいてください。

地震などでは、余震や、そもそも第2波の方が大きくなる場合もあります。

防災グッズは、備蓄品と兼用できますが、使用するのは備蓄品からにしましょう。

すぐに持ち運べる、防災グッズや防災セットは避難時などまでは確保しておくようにしましょう。

非常食・保存食のおいしいものまとめ!アルファ米・乾パンだけじゃおいしくない!
非常食や保存食っておいしくないイメージがある方多いのではないでしょうか? 実はおいしい非常食・保存食も増えてきているのです! 被災時は心身共に疲れ切ってしまいます。...

 

防災として備えるものは大きく分けて3種類。
(別記事リンク)

防災ポーチ
常に持ち歩く防災ポーチ。
災害発生直後に使用する。

防災セット
災害発生後、避難開始から1日を過ごすためのセット。

 備蓄品 
災害発生時から、3日~7日分、自宅に備蓄するもの。
自宅避難時に使用・災害が落ち着いた後に取りに行ける物資。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました