持ち出し用・防災セット 絶対必要なリストとは?

防災セット
この記事でわかること

①防災セットの必要性

②必要不可欠な、防災グッズリスト

ジュラ
ジュラ

防災のプロ、防災士”と、被災者の経験を元に作成しています。

防災に関する記事は、行政のサイトや、個人のサイトなどで情報があふれています。

しかし、防災セットの中身には、絶対的な優先順位があります。

優先順位となる条件

グッズの大きさ・重さ(非難に邪魔にならないか)
性別や年齢、身体的状況(持病や障害などの有無)
家族構成(家族の人数、ペットの有無)
住んでいる地域

このような条件が組み合わさるため、サイトによって、言っていることがバラバラになります。

今回は、”持ち出し用の防災セット”を用意するのに、絶対必要なアイテムの解説を行います。

【※重要】防災セットの必要性

話を進めていく前に、防災セットがなぜ必要になるのか、少し深掘りしたいと思います。

 

災害は年々、その脅威を増しています。

この記事を書いている私自身、3つの災害に被災しています。

私が被災した災害

1995年 阪神淡路大震災
2018年 大阪府北部大地震
2018年  台風21号による被害

災害は身近なものであって、「非日常」ではないのです。

災害に巻き込まれないようにするよりも、 被災したときに正しい行動ができるように備えることが重要です。

 

私の体験談ですが、阪神淡路大震災に被災した時、ライフラインがすべて断絶しました。

防災まっぷ
防災まっぷ

両親が自分の食事や飲み物を我慢して、私にすべて与えてくれていたのを鮮明に覚えています。
(その時、私はまだ小学生でした)

両親からは今でも「あの時にもっと備えておけば、あんなに苦労させることもなかったのにな」と話をすることがあります。

日本は災害大国

日本は超が付くほどの災害大国だというのはご存じでしたでしょうか?

国土交通省によると、1995年~2004年における、マグニチュード6以上の地震の

20%が日本で発生しているというデータもあるのです。

参考:国土交通省

 

そのほか、台風、活火山、津波、洪水、、、

毎年のように国内のどこかで災害が起こっています。

繰り返しになりますが、災害に巻き込まれないようにするよりも、被災したときに正しい行動ができるように備えることが重要です。

持ち出し用防災セット中身のリスト

絶対に必要な防災グッズをまとめました。

基本的に、丸1日過ごせる量を目安に設定しています。

もちろんそれ以上、持ち出せる場合は、量を増やしても構いません。

 

しかし、最低限必要なものを、持ち出せる重量でと考えたとき、1日過ごせる量を持ち出すのが良いと考えました。

ジュラ
ジュラ

政府の推奨では、3日分とありますが、避難のしやすさを考えた結果です。
この方法では、備蓄も並行して行う事を推奨します。

種類別で分けた中身がこちらです。↓

(種類名を押して、ページをジャンプできます)

リュック
非常食、保存水
スマホ、充電器
簡易トイレ、ウェットティッシュ、タオル、マスク
レインコート、アルミブランケット
ホイッスル、現金、顔写真付きの身分証明書のコピー
最初のリストで優先順位は付けましたが、どれも避難する上で絶対必要になってきますので、もれなく準備しましょう。

リュック

防災リュックを選ぶ4つのポイント

防水機能がある
・体格に合っている
・18~22リットルの容量がある
・反射板が背面と、背負うベルト部分についている

防水機能がある

災害時、大雨や大雪だったりした場合、リュックの中身が濡れないためにも、防水機能のあるリュックにしましょう。

防水スプレーなどを後から使用することも可能です。

 

しかし、ムラなく塗る事も難しく、隙間から水が浸入してしまったら意味がないです。

出来る限りは、あらかじめ防水機能のあるものを選ぶ方が良いでしょう。

20~24リットルの容量がある

家族構成によっては、高齢者や子供がいたり、

その時ケガをしている方がいるかもしれません。

 

高齢者や子供の分もまとめて入れられるように

少なくとも20リットル以上の容量があるリュックを選ぶとよいでしょう。

非常食

非常食を選ぶ3つのポイント

・アレルギーの有無

・栄養バランスが良いか
・軽くてコンパクトかどうか

これらに気を付けて選ぶようにしましょう。

アレルギーの有無

アレルギーがあるものを誤って食べてしまい、体調を崩したとしても、災害時は医療システムが、正常ではない可能性が大きいので危険です。

非常食には、アレルギー対応のものも多く販売されています。

 

炊き出しなどは大勢の食事を作るため、アレルギーに配慮して作られることは少なく、安心して食事するにはご自身で用意しておくしかないのが実情です。

栄養バランスが良いか

体調管理がいつも以上に難しくなると予想されますので、栄養バランスにも気を付けましょう。

軽くてコンパクトかどうか

リュックの容量とも相談し、軽くてコンパクトなものを選びましょう。
非常食にはアレルギー対応とそうでないものがあります。
アレルギー持ちの方がいらっしゃる場合は、確認してから購入しましょう。
アレルギー対応の非常食の中でも、非常においしいと感じたのが西尾食品の非常食です。
種類も豊富にあるので、被災時のストレス緩和にも効果的です。

保存水

防災リュックを選ぶ4つのポイント

・いっぱい入れすぎない

・長期保存のできる水か確認する

いっぱい入れすぎない

良くやってしまいがちなのですが、”たくさん持ちすぎない”ことも大切です。

1日分であれば1500ml、500ml のペットボトル3本を用意しましょう。

確かに多くあることに越したことはないです。

 

しかし、これ以上重くなってしまっては、避難に支障が出てきます。

リュックの容量にも制限がありますので、入れすぎ注意です。

長期保存のできる水か確認する

通常のペットボトルの水の賞味期限は1~1.5年ほど。
長期保存には向いていないのです。
長期保存が可能な保存水は5~7年も保管が可能です。
ふたが空いていなくても劣化してしまうので、間違って購入しないように気を付けましょう。

スマホ

スマートフォンも防災の観点からみて、とても重要な防災グッズです。
普段から持ち歩いていると思いますので、改めての準備は不要ですが、
・災害情報などが見れるアプリ
・連絡手段のアプリ
こちらはあらかじめインストールしておきましょう。
災害時に、各キャリアの電波基地局が被災した場合、
通常の4G回線等は機能しなくなる可能性があります。
しかし、緊急時には無料のWi-Fiが使えるようになる地域も多いので、スマホは必須です。
省電力の設定もできるようにしておきましょう。

充電器

充電器は、2種類用意が必要です。

充電式バッテリー

充電式のメリットは

・急速充電が可能

・充電容量が多きいものもある

この2点です。

 

逆にデメリットとしては

自然に放電していく

という点です。

乾電池式バッテリー

乾電池式のメリットは
・電池を用意しておけば何度も使える
・自然放電が少なく、長期保存が可能
この2点です。
デメリットとしては、
・1度ではスマホをフル充電できない
・急速充電ができない
この2点です。
お互いのデメリットを補うためにも、2種類の準備が必要です。

簡易トイレ

こちらも必須です。

防災まっぷ
防災まっぷ

1人当たり、最低3つは用意した方が良いです。

多くの防災セットは簡易トイレが3つ入りのことが多いです。
しかし、通常の生活リズム通りにはなかなかならないことも多いので4~5枚は用意すべきだと考えます。
高齢者や子供がいる場合は特に多めに準備しておきましょう。

ウェットティッシュ

全身がを拭いたりできるようにノンアルコールのものを選びましょう。
香料付きのものは、香料が強いものが多いです。
避難所などでは、周囲の方との距離も近いので、
不快に感じる方も少なくありません。
よって、無香料がオススメです。
1人当たり1~2パックくらいは欲しいところです。

タオル

タオルが役に立つ場面はたくさんあります。

  • 体が濡れてしまった時
  • 防寒用のマフラー代わりに
  • けがを負ったときに当て布として
タオルの役立つタイミング
かさばりやすいので、圧縮されたタイプの商品がおすすめです。
店舗ではなかなか見つからないので、ネットでの購入をおすすめします。
個別包装なのは、水にも濡れにくいのも好評価ポイント。

マスク

粉じんやほこりなどを、吸わないようにできるので用意しましょう。
使い捨てのものが衛生的です。
今だと、避難所もいわゆる3密にあたる場合がありますので、
コロナウイルスをはじめとする、感染症対策にもなります。
すっぴん隠しにもなるので、女性は多めでもいいかもしれませんね。

レインコート

100均のものだけはやめておきましょう。
過去に被災時に使用しましたが、
100円均一でない方がいい理由
  1. 隙間だらけ
  2. ボタンがすぐ壊れる
  3. ごわごわで着にくく、着心地が悪い
100均のものを悪く言うつもりはなかったのですが、
防災セットに入れるものは、よく選んで準備しましょう。
ワンピースタイプのものも、移動するたびに足元が濡れてしまいます。

アルミブランケット

アルミブランケットは、防寒グッズのなかではかなりメジャーなアイテムです。
かさばらない割に、保温性に優れています。

サイズが様々ありますが、大きすぎても使いにくいので、

ちょうどすっぽり被れるくらいのものを選びましょう。

↑音が鳴りにくいタイプがおすすめです。

ホイッスル

毎回説明するときに、笑われてしまうこのアイテム。

ホイッスル??笛が必要なの?

そう思う方も多いでしょう。

しかし、防災の知識がある人ほど最優先で準備しています。

なぜなら、ホイッスルで救われる命があるからです。

 

ガレキの下敷きになってしまった場合など、捜索する時間が長引くほどに生存率が下がっていきます。

72時間の壁・阪神淡路大震災のデータ

救出が必要な方の生存率

  • 24時間以内…75%
  • 48時間以内…24%
  • 72時間以内…15%
  • それ以降…5%

ガレキなどの下敷きになってしまったとき、

いかに早く自分の居場所を知らせるかが、生死の分かれ目となるのです。

 

決して高いものではありませんので、必ず用意しておきましょう。

ポイントとしては、複数の周波数が出るタイプが、より気付いてもらいやすくなります。

現金

災害時でも、現金が役に立つタイミングは多くあります。
場所によってはお店が開いていたりしますし、被災地から少し外れれば買い物ができることも多いです。

最近では、電子マネーも普及しつつありますが、

  • 電波が通っている
  • 店舗が電子マネー対応
  • 店舗の電力が復旧している
最低でもこれらの状況がそろっていないと使えないため、現金の方が使い勝手がいいです。
お釣りなどの用意がない場合なども考慮し、小銭と千円札で用意しましょう。

身分証の写し

顔写真付きのもので用意しましょう。

東日本大地震の時には、顔写真付きの身分証があれば、口座から引き落としが可能な、特例の処置が多くの金融機関で実施されていました。

防災まっぷ
防災まっぷ

免許証などがない方は、マイナンバーカードや、パスポートの写しなどを用意しておきましょう。

あれば助かる防災グッズ

では次に、必須ではないが、優先順位の高いものを紹介していきます。

手回し充電ラジオライト
歯磨きシート、ドライシャンプー
ヘルメット、軍手、スリッパ
替えの衣類・下着、ランタン、エアーマット、寝袋、給水タンク、
トイレットペーパー、救急セット、紙の食器・ラップ、乾電池
充電器

☑手回し充電ラジオライト

先程はあまりおすすめしていなかった、手回しタイプの充電器です。
充電なしでラジオが使えるという点ではあった方が良いグッズと言えるでしょう。
Wi-Fiが通っていない地域などで、各キャリアの通信基地局が被災した場合、スマホが機能しない場合も考えられます。
災害時、情報を得ることはとても大切ですので、リュックに余裕のある方は用意しましょう。
選ぶポイント

・本体に蓄電できるタイプか

・手回し効率が良いか
この2点です。
安すぎるものを選んでしまうと、蓄電機能がないため、
回している間しかラジオを聞けない、ライトが付かないということになり大変です。
手回しの効率が悪いと、必死に回しても対して蓄電されないのも精神的にもキツいです。
衛生用品

☑歯磨きシート

歯磨きにもある程度の水が必要になります。
大きな災害であれば、断水などが起こる可能性も高いので、
水がなくても歯磨きができる、シートタイプのものを用意しましょう。
これならば、水がなくても歯磨きができます。
かさばるものではないですし、入れておくようにしましょう。

☑ドライシャンプー

衛生的に、そして何よりも不快感を取り除き、ストレスを軽減するためにドライシャンプーも必要だと思っています。
物足りなさを感じる方もいらっしゃるでしょうが、
かなりの爽快感があるので私は2種類用意しています。
↑美容室でも人気のドライシャンプーです。

避難グッズ

☑ヘルメット

落下物や瓦礫から頭を守るために使用します。
今は折り畳みのタイプなどもありますが、通常のものでも、
リュックの外側にカチッとつけておけるので、どちらのタイプでも問題ないかと思います。
安全性の基準などをしっかり確認して購入するようにしましょう。

☑軍手

これは私も経験があるのですが、
震災時に食器などが散乱し、手を怪我したことがあります。
幸い軽い怪我で済みましたが、作業用の手袋はあった方がいいなと感じました。

☑スリッパ

室内等で足元を守るために使用します。
軍手同様、切れない素材の丈夫なタイプもあります。

☑替えの衣類・下着

こちらも1日分を目安に用意。
上下1セット、下着類2セットほどで十分です。
速乾性のあるジャージなどがおすすめ。
また、怪我などしにくいように長袖長ズボンが良いでしょう。
防寒などはアルミブランケットなどがありますので、たくさん着込む必要はないです。

☑ランタン

明かりを確保することはとても重要です。
暗がりでの移動は危険ですし、避難生活時も明かりがないと不便です。
さらに精神的にも切迫した状況での暗闇は不安をあおります。
子供がいる家庭などでは注意してあげましょう。
安全性・安定性の面から乾電池式のLEDのタイプを用意しましょう。
小型のものを複数用意しても良いですが、パネルが分離するタイプのランタンがあり、使い勝手も良いです。
ジュラ
ジュラ

ランタンの詳しい解説を、知人の焚火マニアが紹介してくれているので、1度確認してみてください

ただ、簡易タイプだと、寝心地はあまりよくありません。
備蓄品にアウトドア用の寝袋を用意しておくことをお勧めします。

☑給水タンク・バッグ

災害支援が本格化すると、給水車などから給水することが出来るようになります。
保存水の入っていたペットボトルでも良いのですが、
入る量が少ないので、折り畳みタイプの給水タンクを用意しましょう。

断水時、自宅避難でも重宝します。

特にマンションの高層階へは、水を送り出すポンプ等の影響で、断水が長期化する傾向にあります。
1回でたくさん水を運べるものが重宝します。

☑トイレットペーパー

家族の人数が多くなければ、1ロールもいらないので、
かさばらないように巻き取りを減らしても良いでしょう。
芯の部分も、取り外せるので、取ってしまってペタンコにつぶしてしまえばかさばりにくいです。

☑救急セット

ケースはかさばらないようにプラスチックケースなどよりも、ポーチなどにしましょう。
中身は一般的な救急セットの中身+普段服用している薬(1~2日分を小分けにして)を入れておきましょう。

☑紙の食器・ラップ

使い捨ての食器にラップを巻いて使用すれば、
何回もきれいな状態で使用することが出来ます。

☑乾電池

意外と知らない方が多いのですが、
乾電池にも使用期限のようなものがあります。

全く使えなくなる事は少ないですが、すぐに電池切れをおこしたり、液漏れなどが起きて危険です。

 

乾電池の使用推奨期限も確認するようにしておきましょう。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥1,628(2020/09/24 01:50:46時点 Amazon調べ-詳細)
自分で集めるのが難しい・コスパ重視なら
セット購入+足りないものを足す

本当に自分のチョイスで正しいのか、自分や家族やの命がかかわってくることなので、

慎重になりますし、不安になりますよね。

もし間違ったものを用意してしまったらどうしよう、、、

 

他にも、

これだけの準備を1からするには、費用が掛かりすぎる。

と感じている方であれば、市販の防災セットを購入して、足りないものを買い足す方法が安心です。

≪防災安全協会認定 高防水ターポリンリュック採用≫ 防災セットLA・PITAシリーズ

「防災セットだけじゃだめなの?」と感じる方もいらっしゃるでしょう。

残念なことに、防災士や被災者の視点から見ても市販で完璧なセットはありません。

もちろん優秀だなというセットもあるので紹介しますが、やはり不足品があります。

防災まっぷ
防災まっぷ

リストを参考にしながら、足りないものをカスタマイズしましょう。

※防災グッズの需要が急増した影響により、公式サイトからの納品待ちが出ています。

すぐに用意する必要性がある場合は、Amazonなどで購入すると早く届くので、そちらも活用してみてください。(2020/9/3追記)

 

被災したことがない方でも、新型コロナウイルス感染拡大の影響を見たり感じた時、

「自分のことは自分で守らなければ」と感じた方も多いのではないでしょうか?

まず、できる所からで構いませんので、防災への意識を高めて備えることが大切です。

まずできることから始めましょう!

https://bousai-map.com/food1/
【災害に備える】プロが厳選する、防災グッズランキング!
ジュラ 今回は防災のプ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました