土砂災害の備え 崖崩れの危険性 土石流と地すべりの違いは?

防災用語
この記事で分かる事

崖崩れ・土石流・地すべりの違い

土砂災害の予兆現象と、必要な対策
土砂災害は台風による激しい雨や、近年頻発しているゲリラ豪雨、
地震など多くの災害を引き金として発生します。

本当に最近多いですよね。

日本には傾斜のある山が他国と比べても多く、その上降水量も多い。

土砂災害が発生しやすい条件がそろってしまっています。

 

しかも予測が難しい上に、起きてしまったら、

大きな被害が出る可能性の高い、大変危険な災害でもあります。

 

「いつ起きても全く不思議ではない」

この意識を、いかにリアルにイメージ出来ているかで、

被災した時の対応が大きく変わると言えます。

 

でも、どうしても他人事のように感じてしまう…

リアルにイメージするために必要なのが、土砂災害についての正しい知識と備えです。

 

土砂災害は、がけ崩れ、土石流、地すべりの3種類に分けられます。

解説順序

①土砂災害の種類と前兆現象
②土砂災害に関係する警報の種類
③土砂災害に対して備えるべきこと

 

種類と違いは知ってる!

という方は飛ばして見ても大丈夫です。

土砂災害の種類と前兆現象

がけ崩れ

 

通常の雨程度であれば、山林には貯水機能があるため、問題はないです。

 

しかし短期間のうちに、集中的に雨が降ってしまうと、貯水機能の限界を超えてしまいます。

その結果、地盤が緩んでしまい、崩れてしまうことを、がけ崩れといいます。

 

 発生しやすい場所 
  • 山を切り崩して作った土地
  • 地盤がもともと緩い土地
  • 傾斜が30度以上の土地
  • 湧き水の多い山

事前の対策として、防止柵や特殊な工事が必要で、個人で何かするのは基本的には不可能です。

がけ崩れの前兆現象

がけ崩れは基本、急に発生する上に、被害が甚大になりやすいのが特徴です。

ですので、激しい雨が続いたりしている場合は、がけ崩れの危険が高い地域には、近寄らないようにするのが大前提です。

 

ただ、注意して観察できれば、予兆、前兆のようなものに気付ける場合があります

がけ崩れの予兆
  • 湧き水が濁って出てくる
  • がけから石や砂が落下しはじめる
  • 普段湧き水の出ない所から湧いてくる
  • いつも湧き水が出る所から湧いてこなくなる
  • 斜面にひび割れ、亀裂のようなものが入っている

 

これらの状況を確認できた場合、かなり危険だといえます。

土石流

土石流は山や谷などの場所で、激しい雨によって水を多く含んだ土砂が、河川などを猛スピードで流れ落ちる現象のことを言います。

なんとその速度最大で50km/h

100m走の世界記録保持者ウサイン・ボルトさんで時速40km/h。

 

 

近くで起きてしまったらまず走っては逃げられません。

 

そんな驚異的なスピードで流れ落ちてくる様子から、

地域によっては「鉄砲水」「山津波」などと呼ばれたりします。

 

 

土石流は大雨だけではなく、地震や火山の噴火、ダムの決壊、雪止め水など、原因がいくつもあります。

 

 発生しやすい場所 
  • 過去に土石流が起きた場所
  • 土地開発が始まった場所の下流地域
  • 川幅、谷幅の狭い勾配が20度以上の場所
  • 普段水が流れない、または水量の少ない川

土石流の前兆現象

土石流が起こる際にも、いくつか前兆があります。

 

土石流の予兆
  • 川の水が濁って枝などが流れてくる
  • 上流の方から山なりが聞こえる
  • 上流から木が折れる音、衝突音が聞こえる

 

このような現象がある場合は、土石流を疑いましょう。

 

途中にあるものを巻きこみながら流れてくるため、大変危険です

 

逃げる時は土石流の進路から離れて、高い場所へと向かうことが重要です。

地すべり

地すべりとは、山や斜面が、地下水などの影響により、

下にずれるように崩れるという現象です。

 

実は、日本では雨が多い上に、

地盤の緩い山が多いため、頻繁に起こっています。

発生の原因
  • 集中的な豪雨や雪解け水の影響
  • 土地開発での地形変化

雪崩の土砂バージョンというイメージです。

 

一度動き始めると、止めることは非常に困難な上に、被害が拡大しやすいのが特徴です。

地すべりの前兆現象

地すべりの前兆もいくつかあります。

地すべりの前兆
  • 湧き水が出てこなかった場所から出てくる
  • 地盤がもろくなり、気が傾いたり倒れたりする
  • 地鳴りが起きていたり、ひび割れや亀裂が出る

これらのどれか1つでも確認したら、安全な場所まですぐに逃げるようにしましょう。


土砂災害 注意報と警報の種類

では次に、土砂災害に関係のある注意報・警報の種類についてです。

主に4つの注意報・警報があります。

大雨注意報

大雨により、災害の起こる可能性があると予想したとき。

大雨警報(土砂災害)

大雨により、重大な災害の起こる危険があると予想したとき。

土砂災害警戒情報

大雨警報が発表されている状況で、大雨による土砂災害の危険が高まったとき。

大雨特別警報(土砂災害)

重大な土砂災害が発生する危険が非常に高いとき。

避難の心得

出典:一般財団法人 日本気象協会

 

土砂災害警戒情報や、大雨警報(土砂災害)の危険度は、

気象庁のホームページで10分ごとに更新されるので、

雨が激しくなってきたらチェックしましょう。

 

土砂災害発生の危険度が高まっている地域では、

危険と判断された区域等の外の、少しでも安全な場所へ早めに避難することが重要です。

参考:気象庁 土砂警戒

 

土砂災害に必要な備え(防災グッズ)

ここまでの知識を身に付けたあなたは、きっとこう思うのではないでしょうか?

急に来るんじゃ、どうしようもないのでは?

確かに、土砂災害が起こってしまってからでは、手遅れになる場合があります

 

しかし、あなたの住んでいる場所が、どれくらいの危険度なのか、

土砂災害の前兆は、どんな現象なのかを知っていたらどうでしょう?

 

事前にハザードマップを確認しておくだけでも、大きな備えとなります。

気象庁 ハザードマップ

 

外出中に被災してしまい、土の中に埋もれてしまった場合でも、

助けを呼べる、防災ポーチの準備が出来ているだけで、助かる命があります。

持ち歩き用・防災ポーチはいらない?最低限必要な中身とは?
日本では約半数の48%の方が、防災グッズを購入し、備えているということが ソフトブレーンという会社の調査で分かりました。 でも、せっかく防災カバンを家に設置したり、防災グッズを購入したとしても、 災害発生時に家にいるかどうかの保証はないのです。

 

事前に危機を察知して避難できた場合も、

防災セットの備えがあると無いとでは雲泥の差が出ます。

 

なぜなら、土砂災害に住居が巻き込まれた場合、

避難を強いられる可能性が高いからです。

 

 

必要な防災グッズをまとめた記事があるので、確認してみてください。

持ち出し用・防災セット 絶対必要なリストとは?
この記事でわかること ①防災セットの必要性 ②必要不可欠な、防災グッズリスト この記事では、防災のプロ、”防災士”と、被災者の実際の経験を元に作成しています。 ...

 

また、防災の講義を行うときによく聞かれるのが、

いらない防災グッズはありますか?

という質問です。

たしかに星の数ほど防災の商品はあります

中には高価なだけで、あまり活用の場がないものも、、、

 

こちらもまとめた記事がありますので、1度確認してみてください。

「ヘルメットはいらない?」被災者と防災士が防災グッズで不要なものをまとめてみた
持ち出し用の防災グッズも運べる量にも限界があります。費用も掛かりますし、不要なものは省いていきたいですよね。近年は空前の「防災ブーム」です。 毎年のように各地で災害が起こっているので、当然でしょう。新型コロナウイルス感染拡大で世界中が危機に陥り、、、

まとめ

土砂災害は、予兆や前兆を見極めることが難しい災害です。

 

そのため、大切なのは事前の準備です。

 

自宅の場所の危険度合いや、防災セット、防災ポーチの準備で、救える命がたくさんあります。

 

あなたと、大切な家族の為に、

知識だけではなく、行動に移してもらえたらと思います。

防災として備えるものは大きく分けて3種類
持ち歩き用・防災ポーチはいらない?最低限必要な中身とは?
日本では約半数の48%の方が、防災グッズを購入し、備えているということが ソフトブレーンという会社の調査で分かりました。 でも、せっかく防災カバンを家に設置したり、防災グッズを購入したとしても、 災害発生時に家にいるかどうかの保証はないのです。

常に持ち歩く防災ポーチ。
災害発生直後に使用する。

 

 

持ち出し用・防災セット 絶対必要なリストとは?
この記事でわかること ①防災セットの必要性 ②必要不可欠な、防災グッズリスト この記事では、防災のプロ、”防災士”と、被災者の実際の経験を元に作成しています。 ...

災害発生後、避難開始から1日を過ごすためのセット。

 

 

必要な備蓄品のリスト一覧 保存水・非常食の量、保準備すべき数と管場所を解説
この記事で分かる事 備蓄が必要な、水と食料の選び方 備蓄品の必要な数量 備蓄品の保管場所 いざという時のための備蓄は、防災の観点から考えてもとても重要で...

 

水や食料以外に必要な、備蓄品のリスト一覧と 必要な量、保管場所を解説
備蓄する場合であれば大容量のバッテリーが必要です。 一般的なモバイルバッテリーの容量は2000~5000mAhくらいなのですが、 iphone8以降の機種だと1回の充電で終わってしまいます。

災害発生時から、3日~7日分、自宅に備蓄するもの。
自宅避難時に使用・災害が落ち着いた後に取りに行ける物資。

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました