保存水と普通の水の違いとは?? 店舗で売ってない?保存料が入ってる?

防災グッズ
この記事で分かる事
  • 保存水と普通の水の違い
  • 購入できる店舗
防災まっぷ
防災まっぷ

防災グッズを準備しようとしたとき、まず第一に購入するのが「保存水」です。

 

確かに大事っていうイメージはあります。

 

では、実際どれくらい大切なのか。

こんなデータがあります。

避難した被災者が困った物資の第2位が「水不足」です。

(1位は下着、衣類です)

また、避難せざる得なかった原因の中に、「水道などのライフラインが使えないから」
という意見も多数あります。
参考:避難に関する総合的対策の推進に関する実態調査結果報告書 

やっぱり優先順位が高いですね!

保存水は災害発生後、自宅に置いておく「備蓄品」と、被災直後に避難するときに持ち出す「防災セット」で備える必要があります。
防災まっぷ
防災まっぷ

大きな災害が起こった時、水道をはじめとする、ライフラインがストップする可能性が大きくあります。

 

ーライフライン、復旧までの日数ー

ライフライン\震災名阪神淡路大震災東日本大震災
電気2日6日
水道37日24日
ガス61日34日

上の図は、各ライフラインが9割以上復旧するまでにかかった日数です。

 

このクラスの地震が起こった場合、約1か月は蛇口をひねっても水が出ません。

ぱっと思い浮かべるだけでも、顔洗、入浴、飲み水、歯磨き、トイレ等・・・

 

水が必要な場面って、こんなに多いんだ!って再確認しました。

 

ただでさえ災害で家屋や財産、大切な人にも影響を受けている状態です。

その上、これらの行動が全て制限されてしまうと、受けるストレスは大きくなる一方です。

防災まっぷ
防災まっぷ

それだけでなく、人は3~4日ほど水を飲まないと、死に至ってしまいます

 

また、大雨や台風などによる水害は、そのほとんどが夏に起きています。

脱水症などになってしまうと、生命の危険を伴うことになります。

 

真夏用の防災グッズの備え!脱水症と熱中症の違いと対策
この記事でわかる事 熱中症と脱水症の違い ...

 

そのため、災害への備えを行う上で、保存水は必要不可欠なのです。

保存水じゃないといけない理由

普通のミネラルウォーターじゃだめなんですか?

 

防災まっぷ
防災まっぷ

ダメというわけではありません。
しかし、いざという時に保存期間が過ぎてしまうと、使えず困ってしまいます。

スーパーやコンビニで売っているミネラルウォーターで、保存期限はおよそ2年程度です。

それに対して保存水は、5~10年の保存が可能です。

 

製造から、小売店まで運ばれ、さらに購入して備蓄し始めるまでにも時間が経過します。

なので、おおよそ1年半ごとに入れ替えが必要になってきます。

1年半に1回は面倒だし、忘れそう。

いざという時に「保存期限が過ぎていた!」とならないためにも、備えるのは、長期保存が可能な保存水が必要なのです。

備えるべき保存水の分量

成人1人が必要とする分量が、1日約3リットルです。

そして備蓄としては1週間分、持ち出す避難セットには1日分の用意が必要です。

 

例えば、両親と子供1人の3人家族の場合、

  • 備蓄分:3人×3リットル×7日分=63リットル
  • 持ち出し分:3人×3リットル=9リットル

これだけの量が必要になります。

備蓄を7日分とした理由
  • 災害発生から4日前後で行政の支援(給水車の手配)が始まる。
  • 支援の到着が遅れる可能性がある。
  • 家に置けるスペースの範囲内。

 

あと、これも重要なのですが、給水車で水をもらうには容器が必要です。

使い終わった保存水の容器でも代用はできますが、運びにくい上に、量が限られてしまいます。

給水バッグの備えがあると、場所も取りませんし、安心です。

保存水と、普通のミネラルウォーターとのちがい

そもそも、保存水って、普通のミネラルウォーターと何が違うの?

中身は基本同じ

実は保存用の水も、そうでない水も、中の水はほぼ同じ水なんです。

えっ!中身は同じなの!?

防災まっぷ
防災まっぷ

そう、同じなんです。
とはいえ、高温加熱による殺菌処理回数がより多く、細菌が入らないように衛生管理が徹底されています。

ペットボトル容器が違う

ではなぜ長期保存できるのか。

秘密はペットボトルの構造にあります。

実はペットボトルには、目には見えない小さな穴があります。

 

じゃあ水が漏れるんじゃないの?と思うかもしれませんが、漏れはしません。

漏れはしませんが、少しづつ蒸発してしまいます。

防災まっぷ
防災まっぷ

法律上、全体の2%以上蒸発してしまうと、規定違反で販売不可となります。

長期保存が可能な、保存水のペットボトルは、分厚くできていて、小さな穴が少ないんです。

 

長期保存できるのは保存料や薬品が入ってる?

結論から言うと、防腐剤などの薬品は入っていません。

保存料とかが入っていそうで、子供に飲ませられるか不安だった!

 

このような不安があって、購入をためらっている方、実はすごく多いんです。

防災まっぷ
防災まっぷ

防災関係のセミナーでもよく聞かれます。

 

中身は加熱殺菌を普通の水よりも処理された水なので、普通の水以上に、子供や高齢者も安心して飲むことが出来ます。

どこで売っている?

実際に備えるとして、どこで購入できるのでしょうか?

 

一部ホームセンターなどで販売している

大きなホームセンターや、一部のスーパーマーケットなどでは取り扱いがあります。

しかし、売っていることを知らない人が多いので、しばらくの間売れ残ってしまっている可能性があります。

 

また、1度購入したら5~10年は買い直す必要が無いという点も原因の1つでしょう。

防災まっぷ
防災まっぷ

場所も取るし、重いので、実店舗での販売には不向きな商品かもしれませんね。

 

どうしても実物を見て購入したいという方は、実際の保存期限を確認してから購入するようにしましょう。

おすすめはネット購入

オススメなのは、ネット購入です。

ネット購入なら新しいものが手に入りますし、豊富な種類の中から選ぶことが出来ます。

 

これに対して、ホームセンターなどの実店舗では、多くても2~3種類ほどしか、取扱いが無い場合がほとんど。

防災まっぷ
防災まっぷ

数十リットルの重さの保存水を、店舗で購入して家まで運ぶのはかなり大変です。

 

何十キロもの水を運ぶのは、高齢者の方ではまず不可能でしょう。

ここはネット購入で、運送屋さんの力を借りましょう!

オススメの保存水

オススメは、5年以上保存の可能な、軟水の保存水です。

防災まっぷ
防災まっぷ

日本原産のミネラルウォーターは、すべて軟水って知ってましたか?

これは、川の流れが欧米などに比べ急で、ミネラルが蓄積しにくいためです。

 

なので、普段から外国産の硬水を飲んでいる方でない限りは、軟水の方が無難です。

髪の毛を洗うときなども、硬水だとガシガシになりやすいです。

 

また、備える容器のサイズですが、

備蓄用は2リットルの容器のもの。

持ち出し用の保存水なら500mlの容器のものを選びましょう。

 

様々なメーカーから販売されているのですが、中には”ふるさと納税に使える保存水”もあったりします。

まとめ

保存水を備えることは、災害への備え「防災」の第一歩です。

日本は世界でもトップクラスに災害の多い国です。

災害が起こらないことを考えるよりも、災害が起きたときにどう対処するかが重要です。

 

ぜひ今の内から備えるようにしましょう!

【災害に備える】プロが厳選する、防災グッズランキング!
ジュラ 今回は防災のプ...

 

災害に備える防災グッズの準備は大きく分けて3つあります。

防災ポーチ
常に持ち歩く防災ポーチ。
災害発生直後に使用する。

 

防災セット
災害発生後、避難開始から1日を過ごすためのセット。

 

 備蓄品 
災害発生時から、3日~7日分、自宅に備蓄するもの。
自宅避難時に使用・災害が落ち着いた後に取りに行ける物資。

【災害に備える】プロが厳選する、防災グッズランキング!
ジュラ 今回は防災のプ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました