分かりやすく解説!地震の種類って?正断層と逆断層とは?違いの解説編

防災用語
持ち出し用・防災セット 絶対必要なリストとは?
必ずチェックすべき防災グッズ ...
この記事で分かること
  • 断層とは?
  • 正断層と逆断層の違い
  • 縦ずれ・横ずれ断層について

これらの情報を、難しい言葉を限りなく使わずに、分かりやすく解説します。

 

この知識があれば、地震発生時のニュースの内容を正しく理解することができます。

一般の方向けに、あえてざっくりと解説しますね。

断層とは?

地球は表面にとてつもなく大きい”岩の板”が何枚も重なっています。

断層とはこの”岩の板”が強い力で「パキッ」とわれたことによって、

ずれた構造になっている部分のことです。

断層はどうやってできる?

地球は何層かの階層構造になっているといわれています。

 

一番外側にあるのが「地殻」です。

その近くと、その下のマントルの上部を含めたものを「プレート」といいます。

 

地殻の部分は岩の板なので固まっていますが、

その下のマントルは流動的なので、プレートごと動いて、

衝突・すれ違い・圧縮・引っ張り合い・ズレ

こんなことを繰り返します。

 

そんな動きに表面の岩盤が耐えられなくなって、パキッと割れてしまう訳です。

 

また、マグマの活動なんかによっても断層ができる場合があります。

画像を見てもらえるとわかりやすいと思いますが、マグマが「マントル・プレート・地殻」をぶち抜いています。

 

「そりゃ割れるよね。」

という状況です。

 

なので、火山活動と地震には因果関係があるのですが、

その話はまたの機会にしておきます。

地震との関係

ここまでの説明でなんとなく理解が出来たかと思います。

そう、地震とは、断層の部分で岩盤が、勢いよくズレたりして生まれる振動のことなのです。

 

「地震ってなんで起こるの?」

こう聞かれて、こたえられる方少ないと思います。

 

もし聞かれたら堂々と答えてあげましょう!

また、地震について書いてある記事もあります。

地震速報が発令された!震度とマグニチュードの違いは?適切な対応と防災知識
この記事で分かること ✔地震の危険度の見...

震源地は基本的には見れない

地震が起きた場所(震源地)は基本的に地中で起きるので目で見ることが出来ません。

 

ニュースでも「〇〇沖の地中10km~」みたいな速報を見たことがある方も多いと思います。

 

しかし、かなり規模の大きな大地震の場合は、

震源が地表に近い場合は一部が出てくることもあるそうです。

 

活断層とは?

活断層とは、その字のまま、活動状態、または「最近までは活動してたよ」という断層のことです。

地質学的に言う最近は、数万年単位のことを言ったりもするので、この辺の感覚は通常とはだいぶ違いがありますね。

 

活断層にも活発なものと、そうでないものが存在します。

川にも流れの急な場所もあれば、緩やかな場所もある、そんなイメージで大丈夫です。

活断層の特徴

活断層には、いくつか特徴があります。

  • 活動を繰り返すが、途中休憩する(休憩の間隔は結構長い)
  • 断層によってスピードに差がある(結構差がある)
  • 断層が長いほど地震の規模が大きくなる
  • 進方向は変わらない(ずっと一定方向)
活断層の特徴

 

 

このような特徴というか、性格に差があるので、衝突します。

活断層の確認方法

活断層かそうでないかは、地形や地層を確認して、

繰り返しずれ動いた跡があるかどうかをチェックします。

 

途中、休憩しながら活動を繰り返すので、

古い時代の地層ほど何回も地震を経験してズレまくっています。

 

ある地層が、比較的新しくできた地形や、地層と比べてズレが大きい場合、

繰り返し活動していることが分かります。

 

繰り返しているという事は、また来る可能性が高いということです。

 

この仕組みを利用して、「〇〇年以内に大地震が起きる確率」などが計算されているのです。

 

そして日本には、陸地、海底に約2000の活断層があるとされています。

 

日本が災害大国といわれる理由の1つですね。

横ずれ・縦ずれ断層の違いは?

このあたりの解説がどうしても少し複雑になってしまうので、

小難しいのが苦手な方はすっ飛ばしてOKです(笑)

 

引用:地震調査研究推進本部事務局

地震保険とは?火災保険との違いなど、分かりやすく解説!【新築購入・保険見直し】
この記事で分かる事 ✔地震保険について &...

正断層と逆断層

やっとここで正断層と逆断層が出てきました。

 

日本では逆断層が多いです。

 

縦ズレの、引っ張る力の向きによって呼び名が変わります。

縦ずれ断層説明
正断層水平方向に引っ張られる力がかかり、上の岩盤側がズレ下がる
逆断層水平方向に圧縮される力がかかり、上の岩盤側がズレ上がる

 

これに対して横向けにズレ動くのを右横ずれ断層・左横ずれ断層と呼びます。

断層の種類は判断が難しい

図ではわかりやすく表わされていますが、こんなにまっすぐには動きません。

 

ちょっとズレて斜めに動いたりするので「どっち??」ってなります。

地震速報が発令された!震度とマグニチュードの違いは?適切な対応と防災知識
この記事で分かること ✔地震の危険度の見...

まとめ

地震を起こす断層にはいくつか種類があることが分かりましたね。

 

急に心理学みたいな話になりますが、

人間は知らないもの=怖いもの

こう判断する傾向にあります。

 

なので、よくわからないお化けが怖かったり、知らない土地に行くことが不安になったりします。

 

なので、地震のニュースや速報を見たときに、

「言ってる意味が分かる!」となれば、不安は軽減されると思います。

 

ただ、知ったとしても、イコール安全となった訳ではありません。

 

残念な事ではありますが、地質学上大きな地震はいずれやってきます。

 

これからやってくるといわれている、南海トラフの大地震の場合、

30年以内にやってくる確率が70~80%と気象庁が発表しています。

参考:地震調査研究推進本部事務局 南海トラフで発生する地震

 

この数字から分かると思いますが、

たった今、南海トラフ大地震が起きてもおかしくないのです。

 

その時に自分を含め、大切な人を守るための防災を適切に行いましょう。

 

防災として備えるものは大きく分けて3種類。
(別記事リンク)

防災ポーチ
常に持ち歩く防災ポーチ。
災害発生直後に使用する。

防災セット
災害発生後、避難開始から1日を過ごすためのセット。

 備蓄品 
災害発生時から、3日~7日分、自宅に備蓄するもの。
自宅避難時に使用・災害が落ち着いた後に取りに行ける物資。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました