家具の転倒防止におすすめの防災グッズ!賃貸住宅を傷つけず使える?!

防災グッズ
この記事で分かる事
  • 家具の転倒防止に役立つ防災グッズ
  • 家具転倒防止用の防災グッズの選び方

 

地震によるケガや死亡の原因として多いのが、家具の転倒、落下、移動です。

防災まっぷ
防災まっぷ

私も、阪神淡路大震災に被災した時、

タンスの下敷きになりかけました。

私の場合、2段ベッドで寝ていたため、たまたま防ぐことが出来ました。

2段ベッドでなかったら、私はこの世にいなかったかもしれません。

 

阪神淡路大震災や、東日本大震災など、大きな地震が発生するたびに、家具の転倒が原因で多くの死傷者が出ています。
しかし家具による事故は適切な方法で備えれば、防止することができます。

家具の転倒、落下、移動は防ぐことができる

大地震が来たとき、「家具が倒れてきたらどうしようもない。」

と思うかもしれません。

しかし、家具の転倒、落下、移動は、ほんの少しの作業と費用で防ぐことができます。

防災まっぷ
防災まっぷ

防災グッズをしっかり備えている方でも忘れがちですが、とても重要な作業です。

家具の転倒・落下・移動対策とおすすめの防災グッズ

まず、対策を行う家具の種類を3つに分けます。
対策する家具の分類
  1. キャスター付き家具:キャスター下皿と壁面固定
  2. 落下の恐れがある家具:固定または下に降ろす

  3. 背が高く重い家具:専用器具で上下を固定

キャスター付きの家具

テレビやパソコンのラック、衣装ケースなどのキャスター付きの家具で、ロック機能のあるものは、使い終えたら必ずロックを掛けるようにしておきましょう。

 

普段動かさない家具は、キャスター下皿の上に乗せ、移動しないようにします。

 

キャスター付きで、なおかつ背の高い家具は、転倒と移動の両方を予防しないと危険です。

下はキャスター下皿、上はつっぱり棒で固定しておきます。

落下のおそれがある家具:固定または下に降ろす

キッチンであれば、冷蔵庫の上に置いた電子レンジ、炊飯器や電気ポットなど。

ほかにも、ウォーターサーバーや水槽など落下の危険性がある家具類も処置が必要です。

 

ストラップ式や粘着式の固定器具を使い、乗せている場所または家具と固定します。

created by Rinker
サンワサプライ
¥1,373(2020/09/24 22:57:42時点 Amazon調べ-詳細)
防災まっぷ
防災まっぷ

上に家具だけではなく、必ず下の家具も固定しましょう。

 

また、落下する心配のない場所に降ろして使用できる場合は、降ろすことで落下のリスクを防ぐことができます。

背が高く重い家具:専用器具で上下を固定

収納棚やロッカーなどの背が高く重い家具が地震で転倒すると、大変危険です。

ケガはもちろん、最悪の場合は命を落とします。

防災まっぷ
防災まっぷ

タンスが倒れてきたとき、本当に怖かったです。

 

子供や高齢者の場合は特に、対応が遅れてしまい、大きなケガへとつながるケースが多いです。
そのため、専用器具を使って上下を固定し、転倒を防止することが大切です。
大切なポイントは、上と下の両方を固定することです。

  • 家具の上はL字型金具やつっぱり棒
  • 下には家具の滑り出しを防ぐシートを敷いておく

 

食器棚など開閉式の家具は、収納した物が落ちないように、開閉防止器具を設置しておく必要があります。

安全なスペースと避難経路の確保

家具を固定したとしても、地震の規模によっては100%防げるとは限りません。

 

そこで重要になるのが、家具の配置です。

家具の配置を工夫し、家具が転倒してきても安全なスペースと避難経路を確保できるようにしておくことが大切です。

背が高く重い家具は、人がよくいる空間、ドアや通路に倒れないような向きに調節しておきます。

 

また、廊下、寝室、食卓の近くには倒れそうな家具は置かずにしましょう。

窓ガラスには飛散防止フィルムを貼り付ける

防災まっぷ
防災まっぷ

窓ガラスの備えが、必要です。

割れて床に散らばると、割れたガラスに触れてケガをする危険があります。

避難にも時間がかかってしまいます。

飛散防止フィルムを貼り付け、ガラスが割れたとしても、飛び散らないようにしておきましょう。

吊り下げ式照明はワイヤーで固定する

吊り下げ型照明も、対策を忘れがちですが、必ず対策をしましょう。

地震で大きく揺れると、落下するおそれがあるので、ワイヤーで固定して揺れを抑える必要があります。

賃貸・持ち家の内装を傷つけない防災グッズ

賃貸住であれば、退去時に修繕費用が高くつきます。

持ち家でも内装を傷つけたくはないでしょう。

 

内装を傷つけず家具の転倒は防止したい人におすすめなのが、つっぱり棒と家具の下に敷くシートの組み合わせです!

家具下を固定するなら、ニトムズから出ている「ふんばる君」がおすすめ。

汚れにくい素材で、釘やねじ、接着剤も使用せずに敷くだけです。

防災まっぷ
防災まっぷ

メーカのテストでは震度6でも、食器棚が倒れなかったそうです。

 

しかし、大震災級の震度は6以上になることもあります。

商品の紹介にも「他の地震対策品と併用するとより効果がアップします。」と書いていますので、組み合わせて使うことが重要です。

 

その組み合わせとして、つっぱり棒が必要になってきます。

 

圧着固定タイプなので工具なしで取り付けることができ、壁や家具を傷つける心配がありません。

取り付けの高さによって数種類販売されているので、家具と天井の間隔を測って購入してください。

防災まっぷ
防災まっぷ

必ず上下セットで対策してくださいね!

まとめ

私自身も、家具の転倒を幼いころに体験した為、どれだけ危ないかを知っています。

大地震では、実際に死傷者も多く出ていますので、早めに対策をするようにしましょう!

 

災害に備える防災グッズの準備は大きく分けて3つあります。

防災ポーチ
常に持ち歩く防災ポーチ。
災害発生直後に使用する。

 

防災セット
災害発生後、避難開始から1日を過ごすためのセット。

 

 備蓄品 
災害発生時から、3日~7日分、自宅に備蓄するもの。
自宅避難時に使用・災害が落ち着いた後に取りに行ける物資。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました