【台風接近時】警報・注意報の種類と違い 備蓄品と防災グッズは何が必要?

防災用語
この記事で分かる事
✔台風に関わる警報の見方
✔台風接近時に必要な対策
7月から10月の4か月間、日本では台風シーズンに突入し、暴風、大雨、洪水、高潮、高波などが起こります。
また、近年では地球温暖化の影響から、温暖湿潤気候である日本でも、
「熱帯~亜熱帯地域」で見られるゲリラ豪雨が日本でも頻繁に起きるようになってきました。
短時間に狭い範囲で非常に激しく降る雨が多く発生するようになり各地で災害化することが増えています。
特に開発が進んだ都市部では、川の急激な増水が生じたり、道路や住宅の浸水、道路のアンダーパス等の地下空間の水没といった被害も発生しています。



台風・大雨への備え

まず初めに大切なことは、事前の備えです。

被害を最小限にするため、気象情報を確認して早めの対策を行いましょう。

 

台風が接近しているなか、屋外に出ることはとても危険ですので、台風が来る前に台風対策を行います。

家の外の備え

・窓や雨戸はしっかりと閉める。
必要に応じて外から板を打ち付けるなどして補強する。
・鉢植えやゴミ箱など風で飛ばされそうなものは固定したり、家の中へ格納する。・庭木や塀など風で倒れそうなものは、補強をしておく。・排水溝や側溝は掃除をして水はけをよくしておく。

雨風が強くなってからの作業は危険です!!
最新の気象情報を確認し早期の対策を取ってください。

家の中の備え

・窓や雨戸をしめ、窓ガラスが割れたときの飛散を防ぐために飛散防止フィルムを貼っておく。

 

・断水に備えて飲料水を確保、浴槽に水を張るなどして生活用水を確保する。

 

・外からの物が飛んできた場合に備え、カーテンやブラインドを閉めておく。

・市区町村が作成している「ハザードマップ」で危険箇所を確認しておく。

 

・近所の避難場所と避難経路を確認しておく。

・防災セット(防災グッズ)、備蓄品の確認。

飛散防止フィルムがない場合は、窓ガラスに養生テープを「」状に貼っておきましょう。
強風で物が飛んできた際、窓ガラスが割れてもガラスが飛び散らすに済みます。

 

警報・注意報の種類と違い

台風や大雨が近づいているときには、気象庁から様々な警報や注意報が発令されます。

 

各種警報・注意報と予想される災害

名称予想される災害
大雨特別警報大雨による重大な災害が発生する可能性が高い
(浸水や土砂災害など)
大雨警報大雨による重大な災害が発生する可能性がある
大雨注意報大雨による災害が発生する可能性がある
名称予想される災害など
洪水警報大雨により河川が増水し、重大な災害が発生する可能性がある
(河川の増水や氾濫、堤防の損傷や決壊など)
洪水注意報大雨により河川が増水し、災害が発生する可能性がある
名称予想される災害など
暴風特別警報暴風により重大な災害が発生する可能性が高い
暴風警報暴風により重大な災害が発生する可能性がある
強風注意報強風により災害が発生する可能性がある
名称予想される災害など
波浪特別警報高い波により重大な災害が発生する可能性が高い
波浪警報高い波により重大な災害が発生する可能性がある
波浪注意報高い波により災害が発生する可能性がある
名称予想される災害など
高潮特別警報低気圧による異常な海面の上昇により、重大な災害が発生する可能性が高い
高潮警報低気圧による異常な海面の上昇により、重大な災害が発生する可能性がある
高潮注意報低気圧による異常な海面の上昇により、災害が発生する可能性がある

 

警報・注意報ごとの警戒レベルと行動の目安

 

出典:気象庁 気象警報・注意報



警戒レベル2

基本的に注意報と呼ばれるものは、気象庁の定める警戒レベルでいうところの「警戒レベル2」です。

(高潮注意報の場合は警戒レベル3)

 

これから台風の影響などが強まっていく可能性があるので、ご自身のお住まいの地域の避難経路や避難先を確認しておきましょう。

ハザードマップポータルサイト

 

また、防災セットや備蓄品の場所の確認なども行いましょう。

持ち出し用・防災セット 絶対必要なリストとは?
この記事でわかること ①防災セットの必要性 ②必要不可欠な、防災グッズリスト この記事では、防災士の助言に加え、実際に被災した経験と防災士の助言を加えて作成しています。 ...

 

必要な備蓄品のリスト一覧 保存水・非常食の量、保準備すべき数と管場所を解説
この記事で分かる事 備蓄が必要な、水と食料の選び方 備蓄品の必要な数量 備蓄品の保管場所 いざという時のための備蓄は、防災の観点から考えてもとても重要で...

 

警戒レベル3

警戒レベル3に到達した時点で、各自治体が避難準備や高齢者の避難を開始する段階です。

地域の状態などによっては避難が必要となる場合もあります。

最新の災害情報に注視しましょう。

警戒レベル4

このレベルまでなると、避難勧告が発令される目安となります。

お住まいの自治体からの情報発信に留意し、状況によっては早めの避難なども検討するようにしましょう。

警戒レベル5

このレベルでは、すでに何らかの災害が発生し、被害が出ている可能性が極めて高いです。

命を守るための最善の行動を行ってください。

 

警戒レベル5の危険が分かる動画↓

大雨特別警報発表中 記録的大雨に最大級の警戒を(18/07/07)

避難

では次に、実際に避難を開始する場合の注意点です。

避難準備情報が出された場合(警戒レベル3

速やかに要援護者の避難を行う。
・警戒レベル2の、避難準備情報が出たら、徒歩での避難が困難な方はこのタイミングで避難を行います。
 自動車等を使って安全な場所に避難させましょう。
(避難所、災害の危険性の少ないエリアの親類縁者の家、福祉施設等)

 

行政から避難勧告が出た場合(警戒レベル4~

複数で行動するようにしましょう。
・避難勧告が出たら、戸締まりを行い、近所の人とともに、徒歩で避難する。
・避難する際は周囲の状況を確認してから避難場所へ向かう。
 ※50cm以上の水深で浸水が発生している場合は、無理に避難しない。

 

山などの斜面で以下の現象が発生している場合、直ちに斜面から離れる。

・斜面にひび割れが発生している。

・小石が落下してきた。

・土くさいニオイがする。

・斜面から水が湧き出る。

・湧き水や井戸水がにごっている。

・地鳴りが聞こえる。

避難する際の服装

防災セットに準備しておいた、ヘルメットを着用。

長袖長ズボン、防刃グローブを着用。

靴は、靴底の厚めの、履きなれたスニーカーなど。

(長靴などは、雨水が中に入った時に、逆に足を取られてしまいます。)

防災セットが入ったリュックを背負って避難する。

持ち出し用・防災セット 絶対必要なリストとは?
この記事でわかること ①防災セットの必要性 ②必要不可欠な、防災グッズリスト この記事では、防災士の助言に加え、実際に被災した経験と防災士の助言を加えて作成しています。 ...

 

避難する際の注意
・複数人で避難。
・浸水個所は、傘などを使って地面を探りながら避難する。
※マンホールや側溝付近は大変危険です。

・避難はできるだけ明るい時間に行う。

近所の頑丈な建物へ避難も検討
・鉄筋コンクリート製の建物に避難。
 その際は斜面から離れたフロアへ移動しましょう。
・自宅にとどまる場合は、高い階の斜面から離れた部屋に。
・消防、警察、自治体に救助の要請をする。

まとめ

台風や大雨に関わる、各注意報と警報は種類が多く、結局何を行えばいいか分からないという声を多く聞きます。

判断を間違えば命の危険もある、とても重要な情報です。

正しく理解して、正しい準備を行いましょう。

 

非常食・保存食のおいしいものまとめ!アルファ米・乾パンだけじゃおいしくない!
非常食や保存食っておいしくないイメージがある方多いのではないでしょうか? 実はおいしい非常食・保存食も増えてきているのです! 被災時は心身共に疲れ切ってしまいます。...

 

防災として備えるものは大きく分けて3種類。
(別記事リンク)

防災ポーチ
常に持ち歩く防災ポーチ。
災害発生直後に使用する。

防災セット
災害発生後、避難開始から1日を過ごすためのセット。

 備蓄品 
災害発生時から、3日~7日分、自宅に備蓄するもの。
自宅避難時に使用・災害が落ち着いた後に取りに行ける物資。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました