【被災体験談】災害時の子供の守り方 こどもと避難所までの避難方法

この記事で分かる事
  • 子供がいる家族の被災体験
  • 災害時の子供の守り方
  • 子連れの避難方法
  • 必要な備え
悩みん
災害って言ってもいまいちピンと来ないし、何とかなるんじゃないかと思ってる。

 

体験したことがない災害に対して、なかなか危機感って持てないですよね。

 

しかし、日本は災害の多い国として知られています。

災害情報

災害を受けやすい日本の国土

 我が国は,その位置,地形,地質,気象などの自然的条件から,台風,豪雨,豪雪,洪水,土砂災害,地震,津波,火山噴火などによる災害が発生しやすい国土となっている。

世界全体に占める日本の災害発生割合は,マグニチュード6以上の地震回数20.8%,活火山数7.0%,死者数0.4%,災害被害額18.3%など,世界の0.25%の国土面積に比して,非常に高くなっている。

参照:内閣府 災害を受けやすい日本の国土

世界で起きているマグニチュード6以上の地震のうちの約20%、つまり5回に1回は日本で起きています

災害リスクの高い日本で、大切な我が子を守るためにも、災害の怖さを正しく理解して、備える必要があります。

 

今回は「 祥伝社:全災害対応! 子連れ防災BOOK」を参考に、

  1. 子供がいる家族の被災体験
  2. 災害時の子供の守り方
  3. 子連れの避難方法
  4. 必要な備え

を解説していきます。

[toc]

子供がいる家族の被災体験

まず、いくつかの被災体験を紹介していきます。

同じ部屋にいたのに、子供を抱え込むことすら出来なかった。

大きな揺れに転がされて泣き叫ぶ娘を見ながら、這いつくばるしかできない自分がいた。

大きな地震の時は、無力だと思った。

 

東日本大震災ママ24歳・娘2歳(被災当時)

バリバリバリ!!

というすごい音がしたと思った次の瞬間、家に爆弾が落ちたような衝撃が。

 

実際は、隣の家の屋根が丸ごと飛ばされて、うちの家の2回にぶつかっていた!

1階のリビングにいたから助かったが、2階にいたら無事では済まなかったかもしれない。

ママ29歳・息子4歳・娘1歳(被災当時)

出産のために実家に帰っていた時に土砂災害に被災。

2階に避難した直後に土石流が家を襲った。

 

なんとか救助されたが間一髪だった。

1階にいたら命はなかった。


ママ40歳・息子生後2か月(被災当時)

 

ここで紹介した被災体験は、ほんの一部です。

この体験談からも、とっさの判断が重要であることが分かりますね。

いざという時に、正しい知識が大きく結果を左右します。

 

災害時の子供の守り方

では次に、災害時に子供を守るための方法を見ていきましょう。

 

まず、理解してほしいのが、

子供を守るためには「大人が無事」であることが大事ということです。

防災士まっぷ
子供を守り、一緒に生き残るためです。

先ほどの1つ目の、地震の体験談の場合。

防災センターなどの施設では、震度7の地震の体験ができます。

動画の揺れを確認してもらえましたでしょうか?

このクラスの地震が起きたとき、揺れが収まるまでは、ほとんど何もできないことが想像できるかと思います。

 

スマホなどの緊急コールアプリ(キャリアごとに登録方法が異なる)を設定しておくと、揺れが来る少し前にアラームが鳴ります。

この時間を利用して、調理中のコンロの火を消したり、子供を抱えることが可能になります。

 

また、数秒後の揺れに備えて、

  1. 照明や家具が落ちたり倒れたりする危険の少ない場所やテーブルの下に移動
  2. 子供を向かい合わせになった状態で、子供の頭を大人のお腹で覆うように抱きかかえて座り込み、子供を守ります。

この時に、大人も自分の身を守ることが大切です。

別室に子供がいる場合も、まずは自分の身の安全を確保することが先決です。

家の中で被災したときのために、ごっこ遊びで子供と一緒に身を守る練習をしましょう。

子供を連れての避難方法

子供を連れて避難所まで避難するのは想像以上に大変になります。

パニックにならないように、どうやって避難するか知っておく必要があります。

歩ける子供も抱っこで避難

大地震のあとなどは、ガラスの破片やガレキが散らばっています。

そのため、小さな子どもが歩いて避難するのは困難となります。

 

また、人波にもまれてしまい、はぐれてしまう危険も。

これは手をつないでいても同じです。

 

小さな子供は普段歩いたり走ったりできたとしても、抱っこして避難するようにしましょう。

その際、子供には靴も履かせるようにしましょう。

ベビーカーで避難しない

災害時に、ベビーカーでの避難は困難です。

地震の時はガレキが散乱し、豪雨では道が冠水します。

 

台風では風でモノが飛んできたり、屋内では階段が人でごったがえす可能性も。

いざという時のために、ベビーカーの中に抱っこひもを1つ入れておきましょう。

はぐれた時を想定しておく

被災体験談

デパートで地震に遭遇し、避難の混乱の中で、子供とはぐれしまい、パニックになった。

 

東日本大震災

(32歳男性・娘7歳)

外出時の災害では、子供とはぐれないようにすること。

これは、子供と一緒に避難するときの大前提ですが、万が一、子供が一人になってしまった場合にも、安全を確保できるような備えは必要です。

 

子供が普段持ち歩くバッグの中に、

  • 名前・年齢・連絡先・アレルギーの有無を描いたパーソナルカード
  • 健康保険証のコピー
  • 母子手帳のコピー

これらを入れておく事をおすすめします。

 

また、GPSを利用した子供の見守りグッズも多く発売されています。

このような、子供の位置を確認できるアイテムを日頃から持たせていれば、もしもの際に早く見つけてあげることが出来ます。

防災士まっぷ
普段の防犯対策としても非常に効果的です。

必要な備え

災害に備える防災グッズの準備は大きく分けて3つあります。

防災ポーチ
常に持ち歩く防災ポーチ。
災害発生直後に使用する。

防災セット
災害発生後、避難開始から1日を過ごすためのセット。

 備蓄品 
災害発生時から、3日~7日分、自宅に備蓄するもの。
自宅避難時に使用・災害が落ち着いた後に取りに行ける物資。

また、子供がいる家庭の場合は、子供用に備えるものが異なります。

子供用の防災グッズの備え方の記事を確認してみて下さい。

赤ちゃん・こども 年齢別 実際に必要な防災セットの作り方 

まとめ

とっさの時にいかに冷静に行動できるかが、とても大切です。

子供を守るのはパパママです。

 

今の内から、出来ることを始めていきましょう。

【災害に備える】プロがおすすめする、防災グッズランキング!